info-switch

気になる話題や副業、ネットビジネス、遊び、恋愛など

東京ディズニーリゾートに日帰りで行くなら、知っておきたい混雑知らずの5つのワザ

time 2017/03/16

 

東京ディズニーリゾートに、遊びに行くことが決まったあなた!

ノープランで出かけては、せっかくの夢の時間が台無しになってしまいますよ!

今回は、初めて行く人や、久しぶりに来園する人にも役に立つ、

効率的な立ち回りや、オススメのショーなど紹介します!

 

 

1 基本はアトラクション中心

 

人気のアトラクションは、常に大変な行列です。

そんな時の強い味方が『ディズニー・ファストパス』です。

 

写真引用 http://ure.pia.co.jp/articles/-/26673

 

人気のアトラクションの、入り口付近にある発券機でチケットを入手し、

待ち時間を短縮する、優れものではありますが、取得には注意が必要です。

 

・ 現在の時刻の2時間後

・ 前に取得したチケットの開始時間のどちらか早い方

 

でしか、取得出来ません。

 

また、発券枚数には限りがあり、午前中に発券が終了してしまい入手出来ない

ことがないよう、お目当てのアトラクションのファストパスは朝一番に

ダッシュで取りに行きましょう!

 

そして、ファストパスには”当たり”があるの知ってました?

発券した時に、2枚つながった『サプライズ・ファストパス』が出たら、

1枚でグループ全員が、ファストパスの恩恵を受けられる魔法のチケットです!

 

ゲット出来た人は、その日1日グループまたは、恋人から

羨望の眼差しを受けること、間違いなしです!

 

 

2 お一人さま、弾丸アトラクション

 

一人でアトラクションを楽しみたいという強者には、

『シングルライダー』がオススメです!

 

アトラクションに並んでいる、グループ間の隙間に出来た空席に

優先的に、案内してもらうというもの。

 

利用方法は簡単で、入り口で『1人です!』と、

鼻息まじりにキャストに伝えるだけです!

 

見知らぬ人と、相席出来る鉄のハートの持ち主には、

最適ではないでしょうか!

 

ディズニーランドでは『スプラッシュマウンテン』

ディズニーシーでは『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー』『レイジング・スピリッツ』

 

が対象になっています。

 

 

3 プライオリティー・シーティングとは?

 

2016年4月から、パーク内の全てのレストランの利用には、

プライオリティー・シーティング(事前予約)が必須になりました。

以前のように、並んで順番待ちは廃止になったということです。

 

受付は、東京ディズニーリゾート公式ホームページから

 

予約は、来園1カ月前から前日20:59まで、当日は9:00より、受付開始です。

 

空席がある場合は、店頭でも10:00より受付出来ます。

 

ディズニーランドでは『クリスタルパレス・レストラン』

ディズニーシーでは『ホライズンベイ・レストラン』

 

といった、食事のときにキャラクターが会いに来てくれる、

人気のレストランはぜひ、押さえておきたいですね。

 

 

4 ガラケーやスマホを持っていない人に

 

ディズニーランドでは『ホームストア』

ディズニーシーでは『マーチャント・オブ・ヴェニス・コンフェクション』前に、

 

”パークインフォメーション・ボード”が設置されています。

 

ここでは、アトラクションの待ち時間や、休止情報、ファストパスの発券の事や、

各ショーの開催時間などが、一目瞭然になっているので

スマホで検索出来ない人は、こちらが便利です。

 

 

5 このショーは見たい『ビッグバンドビート』

 

ディズニーシーに行くなら、ぜひ見ておきたいショーが『ビッグバンドビート』です!

 

ミッキーがドラムを叩いたり、各キャラクターの歌やダンスを楽しめる

ミュージカルショーです!

 

 

こちらは、雨の日でも鑑賞出来、赤ちゃんや車いすでの利用が可能なので、

親子3代で楽しめる、一見の価値ありのショーなんですが、

こちらはなんと、”抽選”になっています!

 

スマホか『ビリエッテリーア』で、1日1グループにつき1回のみなので、

こちらも、強運の持ち主に抽選してもらいましょう!

 

 

 

 

まとめ

 

東京ディズニーリゾートの人気アトラクションは、

その混雑度をいかに回避出来るか、で

1日を、楽しめるかどうか決まってきます。

 

つまり、東京ディズニーリゾートを年間パスポートで、

何度もリピートして熟知している人と、

そうでない人とでは、パークの立ち回りや食事のタイミング、

移動方法など、行動の差がハッキリ出てしまうんですよね。

 

なんの予備知識がなくても、充分楽しめるとは思いますが、

せっかく行くのなら、行動計画を立て、この記事を参考にしてもらい、

思い出に残る1日に、なっていただけたら嬉しいかぎりです!

 

 

 

sponsored link

down

コメントする